CHAPUP

※チャップアップの正しい使い方!せっかく使うならより効果的に!

今回はチャップアップをこれから使おうと思っている人も、もう続けて随分経つと言う方も、見ておいて損はない情報「正しいチャップアップの使い方」についてご紹介したいと思います。

チャップアップの効果を発揮させる7つのコツ・使い方

タイミングからマッサージ方法までかなりこだわって使っている!と言う人もいれば、毎日なんとなく使ってると言う人もいると思いますが、どうすればチャップアップをより効果的に使用できるのでしょうか。

7つのステップに分けて見てみましょう。

洗髪で頭皮を清潔にしてから

育毛剤をより頭皮に浸透させやすくするには、やはり頭皮が綺麗な状態である方が好ましいと言えます。

特に薄毛に悩む男性は、ホルモンの関係で皮脂が多くなりがちです。

頭皮が汚れで塞がった状態だと、せっかくの育毛剤がきちんと浸透せず、十分な効果が期待できないこともあります。

また、お風呂で温まって血流を良くすることで髪が育ちやすい環境にすることができます。

シャンプーが頭皮に残らないようしっかりとすすいでおくことも大切です。

チャップアップ使用前にドライヤーでしっかりと髪を乾かす

濡れたままの頭皮にチャップアップを使っても、せっかくの成分が水で薄まってしまったり、水分に邪魔されて浸透しにくかったり、育毛剤が行き渡ったかわかりにくかったりします。

公式サイトの使用方法にも、十分に乾かしてから使用するように書かれています。

ただし、あまり頭皮に熱ダメージを与え過ぎてしまうと、乾燥しすぎてトラブルの元になるので、できるだけドライヤーは頭皮から離して使用しましょう。

髪の乾き具合は7〜8割程度を目安にすると良いでしょう。

チャップアップは頭皮全体に行き渡らせる

生え際や頭頂部など、気になるところをついつい重点的にケアしがちですが、抜け毛は頭皮全体の血行不良などによって起こります。

気になるところが一部分であっても満遍なく使用して、頭皮全体の血行を促進しましょう。

全体に行き渡らせたら、頭皮にチャップアップを浸透させるイメージで1〜2分ほど置いておくと、後の工程がより効果を増します。

絶対にケチな使い方をしない

育毛剤は毎日使うので、少しでも長持ちさせようとちょっとずつ使う人が居ますが、それでは効果は半減しますので、返って勿体無いことをしていることになります。

1回30プッシュ

公式サイトでも一回の推奨使用量は、約30プッシュ(4ml)となっています。

それでもきちんと1ヶ月程の量は確保できるはずですので、ケチらずどんどん使いましょう。

頭皮マッサージでチャップアップの浸透効果を上げる

これも公式サイトで推奨されている事ですが、最低でも1分程度は頭皮をマッサージしましょう。

頭皮マッサージのコツ

量耳からまっすぐ頭頂部まであがり、合わさる点を百会と呼びますが、このツボは老廃物を流し、血流を良くすることによって、頭皮に栄養を行き渡らせる効果があります。

頭皮だけでなく身体の血行促進も見込めますので、全身からアプローチできます。

また側頭部、耳の一番高い位置にある角孫というツボは頭皮全体の血行を良くする効果があります。

この二点を特に意識しながら、チャップアップを浸透させるように頭全体をゆっくりとマッサージしてください。

爪を立てたりこすったりするのではなく、指の腹や手のひらでぐーっと押し込むイメージで行うのがコツです。

1日2回目使用する

チャップアップは1日2回使うことをメーカーも推奨していますので、できれば朝晩の二回使うとより効果的でしょう。

夜お風呂に入る人は、それ以降大きく汚れることはありませんので、朝チャップアップを使う前にシャンプーする必要はありません。

頭皮はあまり洗いすぎると返ってダメージを受けますし、ある程度皮脂があった方が、外出時の紫外線ダメージをバリアしてくれることもあります。

とにかく根気よく続ける

髪が生え変わるサイクルは、頭皮が健康な状態であっても、各工程に月単位や年単位かかるとされています。

医療機関でのAGA治療でも、効果が現れるのには最低3~6ヶ月要すると言われているほどです。

最初はなかなか目に見える効果が現れず、焦ってすぐに違うものに手を伸ばしてしまいがちではありますが、そこはぐっとこらえて、最低半年間は様子を見るようにしましょう。

チャップアップなどの育毛剤ケアは、毎日コツコツと積み重ねていくことが大切です。

チャップアップの効果的な塗布タイミングはあるのか

先程、朝晩の二回使用するとより効果的であるとご紹介しましたが、特に夜の使用はとても重要です。

睡眠時に成長ホルモンが多く分泌されるのは、今や誰でも知っている知識ですよね。

という定説を雑誌やテレビなどでよく見聞きされたこともあるかと思います。

そうは言っても仕事でそんな時間に睡眠を取れない

ついつい夜更かししてしまう

などという方も中にはいらっしゃると思いますが、この22時から2時は成長ホルモンのゴールデンタイムという説は、誤りであったことがわかっています。

成長ホルモンが出るのは入眠後三時間以内

実は成長ホルモンの分泌に睡眠の時間帯は関連しておらず、どのタイミングで眠ったとしてもちゃんと分泌されるということが判明しました。

“むしろ意識すべきは、睡眠の「長さ」「深さ」だ。

「成長ホルモン」は眠りについてから3時間以内に分泌されており、特に最初の90分間に迎える深い眠り「ノンレム睡眠」の時にピークとなる。

つまり、成長ホルモンをたっぷりと分泌させるには、少なくとも3時間以上は眠り、その間にぐっすりと深く眠れていることが必須となる。
引用元:https://www.eigyousapuri.jp

つまり4時間以上の睡眠を確保できれば、その間に成長ホルモンは分泌されるので、何時に寝るとしてもその前にチャップアップを使用しておけば問題ないということですね。

より効果的なチャップアップの使い方まとめ

評価の高い育毛剤も、使用方法を間違えたり、適当に使っているだけでは効果が半減してしまいます。

髪を洗って乾かしてから使ったり、使用量を守るのは当然のことではありますが、せっかく毎日続けるのであれば一手間工夫してマッサージや、頭皮全体のケアを意識してみてください。

チャップアップの使い方を見直し、正しい頭皮のケアをすることで、より効果的な育毛をしていきましょう。